看護関連の課題|志望動機の例文や小論文の書き方を知ろう【合格への道のり】
受験合格

受験合格

小論文の書き方を覚えて看護学校の受験で活かそう!

看護関連の課題

作文用紙

看護系の小論文は特殊

これから看護関係の大学や専門学校へ通う人や看護師の就職をする際に必要となる小論文は、普通の大学と違って求められるスキルや書き方が異なっています。特殊な書き方が必要となるので、合格点を得るためには書き方を知っておきましょう。書き方はインターネットで簡単に学ぶこともできれば、講師に指導してもらうこともできます。

過去のテーマも確認しておこう

小論文を書くのが初めてだという方はまず書き方を知らなければ書くことは難しいです。インターネットにはこれまで看護関連の小論文の課題で出題されたテーマや書き方を確認することができるので、過去の小論文を参考にしてみましょう。例文もあるのでそれを見ながら書き方を覚えることができます。

評価ポイントに沿って書いているのか

小論文の書き方をマスターしたとしても、看護関係の大学ではどの部分を評価しているのかを知っておかなければ話になりません。たとえ正しく小論文を書いても評価部分と異なると評価ポイントをもらえずに不合格となるでしょう。テーマと話が合っているかとともに倫理的に話を完結させているかも評価ポイントの一つとなっています。

読む人のことを考えながら書いていく

自分が納得する小論文を書いたとしても、それを他の人が見て満足できるかどうかは分かりません。自分で小論文を見直すときは相手にとって読みやすく話の流れがきちんと作れているかをチェックしていきましょう。第三者目線で小論文を読んでいくと、その小論文が提出しても問題ないかを判断することができます。

広告募集中